歴史もある

太陽光発電の歴史は1950年代が始まりになります。 アメリカの研究者であるピアソンが発明したpn接合が、今どこにでもある太陽電池の原点になります。 1950年代後半になると、太陽電池も実用化されましたが、ものすごく高価だったので、太陽発電でなければならないとこにだけ使用されていて、普通に使用できるレベルにはまだまだでした。 1970年代になると、オイルショックが経済を直撃し、原油だけのエネルギーだけでは限界があるのではないかと、国家が太陽発電に力をいれていきます。 1980年代には、国が太陽光発電の開発に力をそそぎ、ソーラーシステムの支援も始まったので、加速がついてきました。 1990年以降は、国だけでなく企業や一般家庭でも太陽光発電が多くなってきました。

太陽光発電は今後は一般家庭でも、あたりまえにできるようになっていきます。 太陽光パネルの進化により、少しの太陽光でも多くの発電ができるようになりますし、それを貯めておく電池も、大量生産によりコストが下がり、値段も安くなります。 一般家庭での太陽光発電だけでなく、企業も力をいれてくるので、近い将来に電気料金も安くなります。 家庭や企業の発電した電力を電力会社が買い取ることによって、無駄に電力を発電しなくてもすみますし、今問題になっている原子力発電を使用しなくても、電力がたります。 太陽光発電が活発になると、国としても支援が多くなり、補助金など増えれば、さらに太陽光発電が広がり、国全体でエコ活動が増えていきます。